2016年12月29日

今年も、そして来年も

一般的に今年も後わずかとは言いませんw
自分の中で割と一年を桜祭りの頃だったり
誕生日がきたら1年たったかぁっと思っています♪

ただ一つの区切りとして考えた場合、今年はなんとか24のRを
100点くらい上げれた事は嬉しかったですね。
ついでに体重もリバウンドせず1年過ごせたので、
Rは上げて体重は下げていきたいです!(笑)

支部の方でも子供達が皆強くなり
新しい子も入ってと少しずつ良い回りかたになっていますし、
大人の方々にも、相手をしていただき、本当にありがとうございました。

自分で教えられる事はあまりありませんが、
せめて礼節だけでも伝えれるよう自らの心身を鍛えていきたいです。

皆様、今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


下記は年賀状用に作成した自作の詰将棋です。
正確に言えば余詰がありますが、最終図は同一となります。
答えは来週にでも♪

 新春15手詰
17年年賀用.png
posted by reirou777 at 20:11| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

駒3

ついに竜王戦が決着しましたね。
ここではあまり内容には触れませんが、
なかなか興味深い内容だったと思います。

しかし丸山九段の意地というか「らしさ」と言うか
以前挑戦した時には玉砕した「一手損角換わり」を
さらに磨き上げてここまで闘えるのですから、
升田先生が仰っていた「プロは魅せる将棋を指さにゃいかん。」
を体現している数少ない棋士の一人なんでしょうねぇ……

そして、土曜日はその「らしさ」を一番色濃くだして
棋士人生で貫いてきた。
加藤一二三九段

     対

史上最年少プロ棋士の冠を抱き
これからの棋士人生を歩み始める。
藤井聡太新四段の対局

これ以上無い舞台が整った一局は必見ですね♪


さて、俺のくだらない話は置いておきまして、
最後の駒紹介です。
作:田中弘山 書体 菱湖
木地は通常の者よりも少し大きめです。
書体と相まって並べた時の迫力は、
画像以上にあります。

菱湖2.jpg



菱湖1.jpg
posted by reirou777 at 21:39| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

駒2

叡王戦、佐藤天彦九段が優勝しましたねぇ
これで名人対ポナンザの対決となりますが、
個人的には今の天彦名人の指し回しならば光明はあるのかなと
見ています。

その前に今週は叡王戦、幻の久保対豊島戦
来週の今頃は竜王戦の決着もついて
24日には加藤一二三九段対藤井聡太新四段の
最長年齢差対決
そして、大晦日は合議制マッチと楽しみが続きますね♪

さて先月末行った総会終了後の早指トーナメントの結果です。
※総平手 一手30秒 左勝ち S=シード

1回戦 安田一秀-外崎敦士
    桜庭英樹−上村豊太
    福士武-岸尚希
    工藤一徳-三上繁
    桜庭一樹-石田翔唯
    藤本博司-斎藤秀

2回戦 三浦行(S)-安田
    福士-桜庭英
    工藤-桜庭一
    小山内浩文(S)-藤本

準決勝 三浦-福士
    工藤−小山内

決勝 三浦-工藤

優勝 三浦行
2位 工藤一徳

棋譜は追々……w

さてタイトルにもありました駒ですが、
今週は2つ目
作:田中弘山 書体:錦旗

錦旗1.jpg

錦旗2.jpg

posted by reirou777 at 19:56| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする