2017年10月26日

コンセプトCM

どうもこんにちは

夏頃書いていた記憶があるような無い様なですが
以前、セブンイレブンさんの社内向けコンセプトCM撮影に
協力をさせていただきました。

えぇかなりドタバタで撮影日が決まりましたが、
支部会員及び、参加して下さっているお子さんと
親御さん達の協力もあり無事に終了し、
先日、youtubeに動画がアップされておりました。
将棋を指しているかどうか凄くアヤフヤではありますがw
それでも、子供達に良い経験となってくれたら
喜ばしい事です♪

改めて皆様にお礼申し上げます。





昨夜、毎週水曜の将棋の集いでは
弘前大学将棋部の方々 二度目のおこしにいただき
顧問の先生も来てくださり、ご挨拶できてよかったです♪
もし、弘前大学在学中の方でこのブログを
見て下さった方がいたら、ちゃんと活動しておりますので、
興味がありましたらご連絡下さいませ。

おそらく、弘前大学将棋部のHPはアクセス方法を
伝えていないため今後更新▲れることは、厳しいと思われますので。


ってぇ竜王戦!開幕しましたねぇ!
先週の文面からお察しの方もいるかもしれませんが、
あれを書いて翌日開幕局とは忘れていましたwwww

いやぁ……やはり菅井王位と太地王座が強かったのか
羽生さんの完勝というよりノーミスであそこまで指せるのかという
感じでした。
将棋モバイルの感想戦も見ましたが、
渡辺竜王が3回ミスしたと言っていましたが、おそらく最初のミスが
その後に繋がったようにも思いました。
もっともミスといっても大きいミスではありませんし、
他の2つも際どく、最後に至っては並べてみましたが、
これで凌げてると言われても棋力が湧く形では、ありませんでしたねぇ。

今週土・日には第二局
渡辺竜王がやり返す意味で▲2六歩とは……やらないイメージもあるんですよねぇ
往復びんたを喰らって第三局の地は迎えないでしょうし……
個人的な予想としては▲7六歩△3四歩▲2六歩に△2二角成と
羽生先生の一手損角換わり 究極の力将棋を観たい気持ちはありますが、
はてさてどうなる事やら。

俺も三間飛車新時代とさっき菅井王位の相振り飛車本を
買ってきたので……読まなきゃ。
平日は詰将棋と棋譜並べに終始しちゃうので、
鍛え直さねば。



posted by reirou777 at 16:09| 青森 ☁| Comment(0) | 将棋、気になる局面。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

流れ

こんにちはというには暗くなるのも早くなりましたねぇ。
夏では「まだ五時」と思っても
暗くなってくると冬場では「もう五時」
と思ってしまうあたり、気持ち的に損してる感がありますw

MLB、大リーグもいよいよリーグチャンピオンシップとなり
本日は田中投手が第一戦の雪辱を晴らす好投を見せてNYYから
見ての3勝2敗でWS進出王手!
ナ・リーグではドジャースの前田投手が10球で1イニング
圧倒的に抑え、次の回に味方が本塁打を打ち1点差に迫りましたが、
本日は惜しくも負けてしまいました。
それでもドジャースからみての3勝1敗と
ホームでの試合も残っているため有利ではありますね。
NYYはアウェーでの二連戦のため、ちょっとだけ不利ですが、
ホーム三連勝という勢いと打線復活の流れのまま、第六戦で
好投手バーランダーを打ち崩したいでしょうねぇ。

試合やゲームの中にある「流れ」と言うものは自分はあると思っています。
以前も書いたかもしれませんが、将棋にも流れはあると思っていましたが、
深浦九段は「無い」と仰っていました。ここらへんはプロ棋士の中でも
感覚が分かれているようですが、「流れ」と言うのが人為的ミスで起こるので
あれば、不屈の魂で指す深浦先制は「無い」と応えて当然かなと最近思えるようになりました。
そして、最近ネット将棋仲間で麻雀を打つのですが(俺は初心者です)
知り合いでも何人か打っている人がいるので、そこでも「流れ」がある。
と口々に言われていました。
しかし、最近例会に参加されている方が「麻雀に流れは無く、確率です。」
と力強く断言されました。
たしかに、牌の数が決まっている以上はポーカーと同じく、
「流れ」や「運」と言ったものよりは「確率」と割り切った
方が、親のいるゲームにおいては「無い」と言われても
ある程度納得できます。

プロ棋界を見ても、今は若手が奮起し40代のタイトルホルダーは
羽生先生と久保先生の二人のみ
最も個人的には「流れ」と言うより「周期」だと思っていますが、
ちょっと羽生先生の「流れ」を見ると竜王戦……苦しいかなと見ていますが、
そこは勝負の世界、蓋を開けてみるまでわかりませんし、
何より指盛りの渡辺竜王がどんな新手を見せてくれるのか、
羽生先生の魔術がどこで見れるのか!楽しみが尽きない対局では
ありますね♪

さて、皆様は「流れ」と言うものがあるのかないのか。
どちらでしょうか♪

もう1つ運の話もありますが、それはまたどこかで
勝手に語らせてもらいますw


posted by reirou777 at 17:31| 青森 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

あの言葉から

どうもこんにちは
いやぁ……三連休は忙殺され、
追加で月曜も忙しく、久々に気力も削がれましたw
どうにか、心身回復♪

昨夜の将棋の集いでも弘前大学将棋部の
方々が参加してください、かなりにぎやかに行えました♪
自分も1局、指させていただきましたが、大ポカ2つで
残念なものにしたのが悔やまれます。

今週の城下町弘前支部の例会は、
めん房たけやさんが宴会のため、
会場は稔町会館となりますので、お気をつけくださいませ。

さて、昨夜はついに中村六段が王座タイトル獲得!
これで七大タイトル(八つめの叡王戦は現在進行中)のうち
獲得者が6名!

羽生棋聖
渡辺竜王棋王
佐藤天彦名人
久保王将
菅井王位
中村王座

羽生先生が元気が無いのがちょっと寂しい気もしますが、
20代、獲得した菅井王位のほかに
永瀬六段(杉本四段の方が年上とニコ生で聞いて、
まだそんなに若かったんですね!?と改めて驚きましたw)
西の王子事、齋藤七段も挑戦しましたし、
世代交代は確実で、他にも20代の棋士が力をつけてきたので
これから、将棋界の代謝は進むのでしょうねぇ。

先日、NHKBSプレミムにてアナザーストーリー再放送があり
羽生七冠達成の裏で、谷川先生 八王子道場の席主様 森内九段を
取り上げていましたが、
みていて、改めて、谷川先生の最年少名人記録
森内先生の名人8期獲得と
両者一時代を気づいた棋士の強さに感嘆しましたねぇ。

そして、八王子道場の席主様が仰っていたことで
「藤井四段の盛り上がりで、参加者が増えたけど、羽生七冠達成の時とは比べ物にならない。羽生先生のおかげで40年やれてきました。」
っと仰っていました。

個人的に、羽生善治=将棋と言うイメージが藤井四段が現れるまで20年
将棋界を支える金看板だった事に改めて感動し畏怖しました。

数年前、永世七冠挑戦に失敗し、あの言葉を言われても
次々と復位し通算98期

重圧と戦った1996年
それに加えて年齢とも戦っている2017年

人がいつまでも全盛でいられないとわかってはいても、
自分としては、最後までそれを体現し魅了されたいと
思うのは、身勝手は話でしょうねぇ。


posted by reirou777 at 17:30| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする