2017年03月23日

100人超

3月も末になり今日も卒業式など行われておりますが、
ようやく個人的な感覚で年越しだなぁっと感じています。

先週日曜日は陸奥新報社にて弘前市民将棋大会が行われました。
昨年の同大会では84名程だったかな。それでも十分過ぎるほどの
参加者だったのですが……
今回はなんと103名!!!!

いやぁ……三連休の中日でしたし、
近隣の学生が参加してくれたりと。
さらに65歳以上が無料という
良い条件が揃いに揃って100名超とは……

なかには、函館や秋田・岩手と遠征される参加者まで
いらっしゃっていただい事は感謝しかありません。

そして、大会事にドラマというか
子供の成長や、大人の意地
普段見ない名前の方が活躍されたりと、
WBCやNHK杯と同じくらい
自分の中では盛り上がっておりました。

Dクラスでは例会に参加してくれている
小1の男子が初優勝♪
これで将棋以外の事でも、自信を持ってくれたら
嬉しいのですけどね♪


そして……翌日の六戸で行われた大会では、
支部に参加していただいている櫻庭さんが、
初段位を獲得されました!

お子さんと一緒に将棋を始めて五年
なかなか一家を支えながら獲得する事は大変ですが、
続けていけば実を結ぶ事を証明してされた事は、
本当に喜ばしい事です。
改めておめでとうございます!


さて今週の次の一手ですが先日子供と指した練習対局から
17年03月23日ブログ用次の一手.png




後手こちらから△2九飛と打った局面。
まだ一年生で最近始めた子なので最善手というわけではありませんが、
基本は出来ているなと感心した一手がありました。

少しずつ子供達を見ていると、
最初のうちは駒を捌くというか「交換」から
覚えてもらうのがいいんだなぁと思いました。
そして、その後は「持ち駒を使う」なんだなぁっと
子供達と接すると基本よりも以前の事を考えるようになり、
なかなか楽しい日々を過ごしております♪
いやはや将棋というのは深いです。


先週の解答

17年0316日ブログ用次の一手.png


正解は△6九銀

応手は▲5九金・▲6八金両方ありますが、
どちらも△9五角と打って勝負になるなと
思いましたが……やはり将棋は簡単ではなかったですね。
実戦は▲6八金△9五角▲8一飛成
これがまったく見えてなかったあたり、
自分の浅さを痛感しましたね。
△同玉▲6九金△8八歩
までは一本道で
以下色々な応手があるので、
ここまでとさせていただきます。

気持ち後手が指せる局面ではありますが、
ここからが将棋というものでしょうねぇ。
面白い




posted by reirou777 at 16:39| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋、気になる局面。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

初段

ようやく暖かな日差しも増えてはきましたが、
まだ朝晩冷えますねぇ

将棋界も順位戦がおわり昇級降級が決まりました。

A級 稲葉八段 名人挑戦
降級 森内件

B1 昇級 久保九段 豊島七段
   降級 畠山七段 飯島七段
B2 斎藤六段 菅井七段
   降級 無し
C1 昇級 横山六段 大石六段
   降級 南九段
C2 昇級 西尾六段 門倉四段 近藤誠五段
   降級 藤原七段(フリークラス入り)
   森九段(終盤の魔術師引退)
   加藤一二三九段(引退)

やはり徐々に20代棋士が頭角を現し
関西組が名乗りを上げてきていますねぇ
来期は今泉四段もFクラ抜けて初の順位戦
そして、藤井聡太四段がいよいよ順位戦登場
と楽しみが多いですね♪

さて、今週3月19日には陸奥新報社様にて
弘前市民将棋大会があります。
青森県連様のおかげで、Cクラス(無断の部)で
優勝すると初段免状を獲得できます!
さらには4月9日に文化センタにて
名人戦記念大会もあり、そこでもCクラスは
初段免状獲得できます!

日程の都合上、弘前市内で初段位獲得せんは
今年は3・4月と続きますが、
誰がとるのか見ている方としては楽しみです♪

自分もあまり棋力を語れる程強くはありませんが、
初段の目安として自分の経験則で言わせていただけるなら、
将棋倶楽部24 R650〜900
R1000あれば、ほぼ確実
将棋ウォーズ 10分切負 初段 達成率35〜50%
初段達成率80〜二段あれば ほぼ確実
5手詰ハンドブックの問題を一目で解ける位

が目安でしょうか。

ただ実戦では5〜6連勝しなければならないので、

実際のところは「やってみなきゃんわからない。」ですがw
来週はちょっとネットとリアルの感覚の差異なんか
書いてみたいです。

実戦より次の一手

17年0316日ブログ用次の一手.png

角交換型の相振りの出だしから、歩損をしないよう
指していたらこのようになりました。
先手から先に▲2四歩△同歩▲同飛と自然に指した局面図
ただ△2三歩としても面白くないので、どうにか捻ってみた一手
善悪としては別ですが、局面を一気に激しくできました。

先週の解答

17年03月9日ブログ用次の一手2.png

先手が△5五銀とぶつけてきた局面

正解は△5七歩成と成捨てて
▲同金△同角▲同角△同飛と
一気に捌けながら△7九角の打ち込みもあって後手良しです。



posted by reirou777 at 12:12| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋、気になる局面。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

代表

また……降りましたね……w
今週25日の例会は稔町会館での開催です。
先程駐車場を見てきましたが、それほど積もっていなかったので
このまま降らずに少しでも溶けてくれる事を願いますw
ただ途中の道が少し荒れていたので、
お越しの際はお気を付け下さいませ。

先日、支部団体戦・支部個人戦・シニア名人戦とそれぞれ県予選がありました。
団体戦は惜しかったですが、話を聞くと相当善戦してくれたようで、
3名の方にはお礼申し上げます。
支部個人とシニアではそれぞれ、優勝していただいたようで、
あまり支部としてはお力になれてはいませんが、
全国大会では楽しんで将棋を指してきて下さればと思います♪

さて25日と言えばA級順位戦最終局
弘前市出身の行方八段の名人挑戦はありませんが、
来期に向けて順位を一つでも上げていただきたいですね。
名人戦2局は弘前でも対局があるとの事で注目されている方も
いると思うので少しだけ状況を説明いたしますと。

稲葉八段 7勝1敗
羽生三冠 6勝2敗
広瀬八段 6勝2敗

最終局で稲葉八段が勝ちますと地力で名人戦挑戦となります。
羽生三冠と広瀬八段は稲葉さんが負けて、自分が勝たなければプレーオフに臨めません。
ちなみに3者プレーオフとなった場合。
A級順位が下位の方からトーナメントとなりますので、
広瀬-稲葉
上記勝者と羽生三冠となりますね。

そして、さらに面白い事にこの3名の対戦相手が
それぞれ降級がかかっている方々との対局なのです。

稲葉八段 対 森内九段(3勝5敗)序列6位
羽生三冠 対 屋鋪九段(3勝5敗)序列5位
広瀬八段 対 康光九段(2勝6敗)序列4位

今期は事情により降級が1名なので、相星の場合序列順位が
下の方がB1に降級となります。

したがって、序列6位の森内九段は屋敷九段と
相星なため、A級残留には絶対に勝たなければなりません。
康光九段も2勝しかしていないため、ここは絶対に勝つことが
第一条件となり、屋鋪九段・森内九段の両名が負けなければ残留がありません。
屋敷九段が一番条件が緩く勝てば地力残留確定です。

おそらく……一番盛り上がるパターンとしては
※段位省略いたします。W=勝 L=負

稲葉L-森内W
羽生W-屋敷L
広瀬L-康光W

とこのように羽生世代ファンは盛り上がる展開でしょうか。
3者プレーオフの場合ですと、広瀬W-康光Lと逆になるため、
康光九段現会長が二回目のB1降級となってしまいますね。

巷では世代交代とささやかれていますが、
まさに今期A級順位戦最終局は、伝説の世代と新たな世代との
交代劇となるかもしれませんね。

ニコニコ生放送

アベマTVでも中継するようなので、

皆様ご注目下さい♪


posted by reirou777 at 15:32| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋、気になる局面。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする