2018年03月22日

満員御礼

どうもこんにちは
まだまだ朝晩は冷えますねぇ

近くの中学校ではインフルAが終息したと思いきや
インフルBにより再度患者が増えたという……
気を付けにくいですが、お気を付けください。

さて先日日曜に陸奥新報社主催で行われた
弘前市民将棋大会!
全参加者は91名と大入り!
目玉としては、試験的に導入したマスタークラス(65歳以上)
参加人数は10名と上々でしたが、なにより
参加して下さった方々が、楽しそうに帰っていったと
報告を受けたのでやってよかったんと思っています。
もう少し協議を進めて、よりよいクラスにしたいと
考えています。

Cクラスの初段位免状戦では支部例会に参加してくれている
人達が活躍していただき、
決勝は初めて同門対決といっていい顔ぶれに。
最近は相手を務めていませんが、本人達から
話を聞いていると去年の間に初段位を獲得しても
おかしくなかったので、これを機に色々と
引き締まっていってくれたら嬉しいですね♪
そして、六戸でも三段を獲得した子もいるので、
嬉しい報告が続いていますね♪
なにより、中学生になって部活をやっていても
毎週土曜日に将棋を指しにきてくれる事が嬉しいです♪
強くなってくれる事は、それは嬉しいのですが、
出来れば長く続けてくれるよう運営していきたいですね。

しかし、良い事ばかりではなく、Dクラスでは
例会に来ている子がちょっと対局中も落ち着きがなかったようなので、
支部スタッフの方が窘めてくれましたが、自分の指導不足も感じているので
低学年とはいえ”大会”に出る以上は、マナーを守ってくれるよう
伝えていかなければなりませんね。

最近のプロ将棋は”バランス”が流行しているので、
それにならいたいですが……一番難しいですね笑



さってA級6者プレーオフの結果は……
やはりというべきか、本当に?というべきか
羽生竜王が2年ぶりの名人挑戦を決めましたね。
いやぁ……豊島戦・稲葉戦と共に後手で
中盤まで先手有利だったのですが、
たった一手のミスから羽生竜王の絶妙手で
逆転
その後ノーミスで指し続け勝ち切る強さ……
特に豊島戦の68手目▲4八と
馬を作らせても大丈夫と見切っての攻めは
わかっていたとしても指し難い一手。
稲葉戦では粘る稲葉八段の陣形を
遠く△8四角と打った88手目
先手からみた盤上右下で駒がいる場所へ
左上からのレーザービームは……本当
棋譜並べして幾度となく感じる”視野の広さ”でした。

A級最終戦では誰もが”まさかないよねぇ”と思っていた
羽生竜王挑戦者
本当に100期目が名人という
これ以上ない舞台設定
もし達成したら……将棋の神様は羽生永世七冠以上の棋士を愛してくれるのだろうか。


そして、本日は糸谷八段元竜王対藤井聡太六段の対局
戦形は阪田流向かい飛車!!
調べてみたら、順位戦で斉藤七段に去年の11月に松尾八段に採用して
連勝していますね。
今日は何が飛び出すか……

将棋中継が増えて嬉しいのですが、
ここしばらく驚く内容が多くて
見てるこちらが疲労困憊ですねw


posted by reirou777 at 11:56| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

明日は大会です

どうもこんばんは
暖かくなったと思ったら……寒いですねw
昨夜デルからPCを買おうと思いながら長考していたのが
響きましたwww
そして、各入力項目が見にくいw
PCよりもモニタを買うべきだろうかwww

さて、明日は陸奥新報社様主催の
弘前市民将棋大会です。
Cクラスでは優勝者に初段免状
新しく65歳以上のマスタークラスを試験導入!
っと他にもスタッフと相談して
新しい試みをしていく予定ですが、
何事も相談して、なるべく楽しんでもらえるよう
運艇をやっていきたいと思っています♪

順位戦も粗方終わり……
B1の結果を朝型しった時には、
本当に先週から引き続き見てる方は見てるんだなぁって
感じましたねぇ
そして、藤井六段は全勝で一期抜け。
個人的にはその勝ち方というか……
人間が指す将棋って感じがしましたね。
以前の対局の記憶があるのか”絶対に負けない将棋”って
雰囲気がありましたねぇ。
今日もひるおびで小林九段と杉本七段が
解説されていましたけど♪

王将戦も久保王将が防衛されましたが……
さすがに豊島八段もあの過密日程ではといった感じでしょうねぇ
しかし、その疲れも癒えないままに
明後日はA級プレーオフ 羽生竜王
もし抜ければその先には”関西四天王”と言われて
切磋琢磨した稲葉八段前挑戦者
”名人は神様に選ばれた人しかなれない”
そう言われておりますが
今期の名人戦までの戦いは
様々な出来事を占うには充分すぎますね♪

さて、急ぎ色々と準備しますかね♪

先週の次の一手答え

180308用次の一手.png

△8九飛成となり先手の手番ですね。
ここで、先手の子供が指したいっては
▲8八飛

少し将棋を知っている人なら「当然でしょう」
と思われるでしょうが、
初心者のうちは、なかなかこの手が
指しづらいようで、
彼が指した時には見事と褒めました♪

その後△9八龍に
▲6五桂が惜しかった。
▲8一龍と指せるまでは
もう少しですね♪

本当に将棋ってある程度の部分になるまで
大変だなぁって思いますね。
でもなるべく!楽しく!褒めて!
たまに行儀が悪かったら窘めて笑
こちらも精進していかねばといつも思っています。



posted by reirou777 at 20:59| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

現実って

どうもこんにちは
徐々に暖かくなってきましたねぇ
自分も体調が本調子に近くなってきました♪
将棋の方も収束は甘いですが、ちょっとだけ中盤の
感覚がいい意味で変わってきたかなぁ……って思ってます。

さてさて、今更感はありますが
本当……様々な競技を見ていても、あの人数で起こる
出来事って……小説よりも上をいきましたねぇ!
A級順位戦最終局!!

Lineのグループでも
「流石に6者は厳しいだろう」
っという意見が多かったのですが……
広瀬豊島戦が思いの外早く形勢に差がついて
久保深浦戦は序盤に久保先生が一本取った形になりましたが、
中盤深浦先生の情熱的な粘りで形勢不明
途中康光会長が屋敷先生の銀冠を咎めた
序盤が功を奏して押し切り勝ち。
稲葉行方戦も行方先生が粘るも惜しくも……
B1も厳しい戦になりますが、ぜひとも戻ってきてもらいたいですね。
最後の鍵となる対局では、投げるに投げれなかった豊島先生も
投了の場面では画面越しでも、悲壮感が漂ってきましたねぇ
某板で統計を取った結果冬は調子が悪いようですが……
そして、久保深浦戦は自玉の薄さを大駒の効きでギリギリ凌ぐ深浦先生
劣勢を意識してか”粘りのアーティスト”で凌ぐ久保玉
あの歩打ちからの自陣に銀4枚 そして、フィナーレは▲1九金!
届かないと思っていても最後まで指す姿勢
それに負けずに燃える指し手で迫る深浦先生
いい将棋でした……そして、訪れた”6者プレーオフ”
羽生竜王が抜番と言う事も大きかったように思えます。
全員が決めきれず全員が諦めなかった結果でしょうへ。

そして、プレーオフがかかる対局とは別で
”降級”の決まる大一番も残り1つありましたが
これもまさかと思われる対局
渡辺棋王対三浦九段
少し将棋に詳しい方ならこのカードを見て
感じない事などないでしょう。
あまり書くと語弊があるので差し控えますが
”6者プレーオフ”と
”この一番”そして、三浦九段が勝ったという
非常に……これこそ奇跡と呼ばずになんと言いましょうか。

しかし、残酷な現実として渡辺棋王の五つ引かれた残念棒と
その表情や仕草……局後に書かれたブログの内容も拝見しましたが
個人的にはいろんな意味も込めて
将棋界に必要だと考えているので、ぜひとも折れずに立ち直って欲しいですね。



さて、久々に子供達の一局から次の一手
今回は簡単に♪
△8九飛成とした局面です。
180308用次の一手.png

ちょっと指せる子同士の対局ですし、
”最初は飛車をなるのが大事”と伝えているので
致し方なしかなと。
でも先手の方は初めてきた小5の子でしたが、
指し方をみても、これを見つけれたのは、素晴らしいなと思いましたね。

さて、自分も藤井先生の攻め方の基本を読んで
上手く伝えられるよう努めないと。

posted by reirou777 at 12:18| 青森 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする