2020年01月23日

荒れに荒れ

どうもこんばんは
雪が降ったとおもったら、この暖かさ
筋トレ中は少し窓を開けておりました笑

にしても……初場所は荒れるとはいえ……
これは流石にですよねぇ
横綱不在どころか、来場所は大関一人
どうなるかわかりませんが、貴景勝関が
二場所連続優勝ともなれば……
5月場所には大関無しもあり得る状況は
さすがに……厳しいのではないかと。
正代関がここに来てようやくと言った感じで勝ちまくり
徳勝龍関も幕尻で一敗を維持
とくに徳勝龍関の二日続けての土俵際での
返しは……見事でしたねぇ
後は炎鵬関がどこまで勝ち星を上げれるか
仮に二桁にのせれば三役も夢ではないでしょうね。

朝日杯の決勝トーナメントも始まりましたね。
藤井聡太七段は菅井七段との1回戦
やぁ……あれを凌ぎますか……
去年は分が悪かった印象ですが、
あの切味を1分将棋で持ちこたえる読みと精神力……
そして2回戦は斉藤七段
角換わりの9筋を突き越す将棋でしたが、あまり
藤井聡太七段の棋譜では見なかった……なぁっと
序盤は駒かいやりとりと手順の応酬でしたが、
開戦してからは一気に藤井七段ペース
それでも、齋藤七段の粘りは凄かったですねぇ……
あぁやってもたれるからこそ、勝率も高いんでしょうね。
しかし、最後は攻防一体の詰めろで藤井聡太七段の勝ち
あの一手は恰好良過ぎましたね♪

先週の子供との対局から
2020-01-21a.png

さてどちらの駒を取りますか?笑
実戦では▲4三桂成△5三飛成▲同角△9九角成
▲6六角△同馬▲同歩△3九角▲5八飛△6六角成
と進んで後手良しでした。
自分としては▲6三桂成△同銀の変化の方が
嫌だなと思っていましたが、そうでもないようです。
一例で▲5三歩△同飛▲3三角成△同桂▲4二角△5三飛成
▲同金△3九角で一局。
本譜では▲4三桂成△5三飛成に▲同金△6六角▲同金
の形が意外と先手指せるようです。
したがって後手は▲4三桂成△6六角▲5二成桂△5七角成
▲6一成桂△4八馬▲同飛△6一銀で五分ですが
手番が先手に渡るため、お互い難しいですね。

さて今週の例会は土曜日たけやさんが使えないので
日曜日に振り替えで午後4時から例会を行います♪



posted by reirou777 at 22:16| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。