2017年05月25日

大入り

どうも、2週間更新せずにすいません。
ようやく落ち着いてきたというか、
通常通りになりそうですw

気温も上がってきましたが、将棋界も熱くなってきましたねぇ
先週の今頃は藤井聡太四段対竹内雄吾四段の加古川清流戦
朝から見ていましたが、(見てたのかよ)
かなり熱の入った内容で途中竹内四段が良いかなと思ったんですが、
中盤の数手の僅かな失着を藤井四段が咎めて
最後は見事な受けと思いきや、あの△1五歩〜1四歩は
踏み込んだと言う形容でも足りない気がしますね。
善悪はわかりませんが、将棋と言うゲームの勝ち方を
はっきりと体現しようとする指し手には畏怖すら覚えます。

そして、本日は竜王戦6組決勝
現在勝率5位!
相掛りの進行となっておりますが、近藤五段も王将リーグ入りして、
ノっているので、持ち時間5時間のこの対局。楽しみですね♪

さらに、ドワンゴが主宰していた叡王戦では、
佐藤天彦叡王が奮闘しましたが、敵わず。
後付けや個人的な感想となりますが、
ポナンザの攻めは強烈であはありますが、やはり無理攻めのようですね。
第一局の振り返りをポナンザ同士でやらせると後手が勝ちましたし、
先日行われたWSCS27にでelmoとの内容も無理攻めをelmoが凌ぎきった
形でしたので、
羽生三冠や谷川先生の終盤力が「信用」されていたと同じように、
どこかでポナンザの攻めは通っている。という「信用」があったのかも
しれませんね。もっとも、それを受けきれるかと言われたら、かなり難解な
内容だと思いますが。

そして、その叡王戦
なんとタイトル戦へ昇格!
王座戦以来34年ぶり!!
このご時世、新しいスポンサーを見つける事ですら
大変だというのに……
正直、電王戦が今回で終わりと言う事で、
叡王戦も当初の予定のまま今期第三期で終わりなのかなと思っていましたが、
いはやは、個人的には一番のサプライズでしたね♪
対局時間も持ち時間1時間と短いのが見ている側としては、進行が速いのはありがたい方が多いかなと。
さらに、7番勝負では持ち時間、1時間・3時間・5時間・6時間の
変則マッチ!
なんでも康光会長からのご提案だったとか。
詳しい内容は省きますが、個人的には「持ち時間」を
作戦の一部に組み込めるという案は素晴らしいと思っています。
昔から、持ち時間の得意不得意は棋士本人が自覚していなくても
ありますし、藤井猛九段も持ち時間が短い将棋なら藤井システムを指す
など言われておりますから、期待は膨らみます♪

例会の砲ですが、先々週は全部で30名の大入り!
うち大人10名 中学生7名 小学生11名 園児年長 2名
とご参加くださりありがとうございました!
先週はお子さんの参加が中学生5名小学生6名でした。
中学生組は大体が大人と混じって指しておりますが、
小学生組はまだまだこれからと言った感じですが、
それでも自分がこの年齢の頃を思い返せば、
まず動かし方を覚えていたどうか怪しい所ですw
一応学年で言うと、最大で考えた場合
中学3年生 1人
中学2年生 2人
中学1年生 4人
小学6年生 1人
小学5年生 1人
小学4年生 2人
小学3年生 2人
小学2年生 6人
園児年長組 2人

かな?定期的にとなれば中学1学年組と小2組の
参加率が高めとなっております♪

自分からは教えられる事はあまりないので、なるべくは
対局姿勢や挨拶を大事に伝えて、楽しんで続けてくれるよう
努めていきたいと毎度ながら思っております。

初心者のお子さんでも、付きっきりというのは難しいですが、
駒の動かし方を書いている駒や、確認できる下敷きがございますので、
興味がおわりでした、一度足を運んでいただけたら幸いです♪



posted by reirou777 at 12:30| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450215264

この記事へのトラックバック