2018年01月25日

本気の

どうもこんにちは

久方ぶりの本気の寒波……
さすがに寒いですねw
オイルヒーターのスイッチ入れないと厳しいw
将棋の駒もキンキンに冷えていますwww

やはりウォーズより24の方が考えれていいですね。
早2でも一手ずつ何を指すか、以前の形を思い出したり
できるので、気持ちの上で力の入りようが違う感じがあります。
昨年、ネット将棋仲間内でリーグ戦をやった際に、
今までと変わった練習方法や対局姿勢で臨めたのが多きかったですね。
普段は好きな棋譜を並べているのですが、
相手の戦型が絞れている場合、コレと決めた定跡を
並べる。
その後、プロ棋譜を10〜20程を一週間で集中的に並べる。
っとちょこっとだけ、感覚が掴めました。

後は詰将棋を一目で解ける問題を数多くこなす感じですね。
11手以上や9手で難しいのは局面覚えて、ふとした時に
考えるようにしてます。

それでも、実際対局すると真っ白になる事は多々ありますがw
数日前の対局だと読んでいたのに、詰むと錯覚していた
感覚は面白かったですねぇ
不思議というか、感覚的に足りてないとも言いますけど
なかなか奇妙な感覚になりましたw

今週の例会はお休みで振替
翌日1月28日(日)いつも通りの時間と場所で行います♪


先週の次の一手
180118.png

複数回答あると思いますが、
1 ▲2二金△同玉▲4二竜△3二金
  ▲3三角成△同桂▲3一銀

送りの手筋でゴリ押しですね☆

2 ▲3一金△同玉▲4三香

玉を下段に落とす筋

といったところでしょうか。



今週の次の一手
先日、子供と指した対局からの局面
三手一組 後手は受ける物として。

180125ブログ用次の一手.png



posted by reirou777 at 17:44| 青森 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

就位式

どうもこんにちは

先日は陸奥新報社様の紙面を
飾らせていただきまして、
県連の奈良岡実先生、我が支部の
外崎支部長のコメントも載っておりますが
本当に先輩方が普及を続けられてきて、
今があると思っているので、
まだまだ未熟者ですが、出来うる限る、
自分も何か力にならなきゃいけませんね。

基本的には子供は元気があっていいですし、
楽しんで貰えるよう努めてはいますが。
やはり人数が増えると将棋に関係の無い話や
ちょっとふざける率も増えるので
ついつい、叱る事もあります。
しかし、歯止めをかける役も必要と思っていますし
なかなか、そのバランスを保つのは難しいですね。

先日行われた羽生竜王と藤井四段の共同記者会見
おそらく異例中の異例と思いますが、
その後の就位式でも改めてお二人の人気の高さと
感心の高さを伺えましたが、
何より、両者の受け答えが的確過ぎて……
どうにも人数が増え、大人の対局にも少し注意を
払っていると、心の余裕というのが無くなってるな
っと最近考えていたので、
お二人の心の強さや何事も受け入れる姿勢と言うのは
とても勉強になりましたね。

悔い改め、少し例会も全体的に人数が増えそうなので
自分としての今後も見据えて楽しみながら
やっていきます♪

さぁってしめっぽくなるのでこれまで!w
りゅうおうのおしごと アニメ!放送開始!
新刊7巻!コミックス6巻発売!!
7巻の小説の方は7割程読みましたが……
本当に良く取材されてます。
しかし、素直にオススメしにくい描写もあるので
難しいですねwww

そういえば、藤井聡太四段29連勝記念切手も
発売されるとか。
3月31日まで受け付けでお値段が送料税込み3980円
だったかな。
……これは買いかもしれない?w


では久々に例会で子供同士で現れた実戦から
次の一手を♪
180118.png

最善かどうかはわかりませんが、
一目寄せと言えばコレ!
っという筋を覚えてもらいたくて
取り上げ大盤で解説しました♪
堪えは来週にでも。

posted by reirou777 at 15:24| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

アイドリング

どうもこんにちは
っと今日書くのは3回目……
なんだかPCの調子が悪いのか
なんなのか勝手に消えて、勝手に再起動という。
HPのPCによる不具合なのか、Windows10の
不具合なのか。
っていうか高画質とかいらないから、2000やXPみたいに
軽くて使いやすいOSが欲しいですw

さって、昨日は竜王戦5組一回戦がありまして。
▲中田功七段対△藤井聡太四段でした。
戦形はコーヤン流対後手の居飛車穴熊
ニコ生の解説では杉本七段が初めてのニコ生解説
されていましたが、曰く「藤井はあまり穴熊をしないんですけどね。」
との事。
そういいぇば、対中飛車は基本急戦でしたねぇ
大橋四段と昨年の対局も左美濃だった記憶がありますが。
そして、新年一発目 驚かされましたねぇ
36手目△5五歩……少なくとも俺は見た事がありませんが、
端攻め一点突破を狙うコーヤン流は、歩の枚数が鍵となります。
結構「1歩あったらなぁ」っと考えているのですが、
その一歩を上げても大丈夫という一手でした。
感想戦でも芳しい切り返しの手順が発見されていませんでしたが、
最後に中田功七段が「また勉強しなおしてきます。」
という言葉には胸を打たれました。
前回の対局では後手コーヤン流で敗れてしまいましたが、
先手コーヤン流ではまだ十分やれると思われていただけに、
作戦の根本すら揺るがす36手目△5五歩はかなり衝撃的だったと思います。
ぜひとも中田功七段には新しい形を見せてもらいたいです♪
頑張れコーヤン先生!!

そして、その裏では叡王戦準々決勝▲渡辺棋王対△高見五段
大晦日放送でも増田四段に買ったり、予選では豊島八段を倒したりと
今期絶好調の高見五段でしたが、
さすがにここはと思われていた方も多いはず。
しかし、いざ放送を見てみると局面を見るよりも
渡辺棋王の表情がその形勢を物語っていました。
これは……っと思ってみていると。
しばらくして、渡辺棋王が投了を告げ
高見五段が勝ちとなりました。
いやぁ……これは高見五段きてますねぇ
あと1つ勝てば初タイトル戦登場!
ニコ生でも人気がありますし、一気に一流棋士への
階段を駆け上がるかもしれませんね♪
逆に心配なのが渡辺棋王
全局は佐藤秀司七段を危なげなく寄せきっていましたが、
感想戦でも言葉の端端で復調の兆しが見えないように感じました。
これは棋王戦……少し怪しいかもですねぇ。
何せ相手は現在レーティング2位の永瀬七段ですから。

そして、先ほどニコ生・Yahooの共同で
羽生竜王独占インタビューというか質問タイムがありました♪
いやぁ……なかなか面白い話を沢山聞けました。
個人的には羽生竜王が「若手」の頃と現在の「若手」では
その数そのものが違うと言う事でした。
羽生竜王の時代では若手同士の対局というのは年2〜3局で
多くがベテランの先生との対局だったようです。
しかし、現在は若手同士の対局が年7〜8局。
それも、若手でもトップと指してそん色のない棋士も多いため
自然と星のつぶし合いになり上がり難い状況にあるようです。
これは、どこかの記事でも読みましたね。
ただ中堅・ベテランもそれに負けじと研鑽を重ねているので、
全体的に棋力向上しているとの事でした。
まだいくつも書いておきたいネタはあるのですが、
長くなってきたのでこれにてw


詰将棋解答
18年年賀詰将棋17手.png

ちょっと双玉を作ってみたく。
基本4手目は限定合になりますね。
そこから精算して金をゴリ押す収束が
ちょっと甘いなと思いましたが、
上手くいかなかったのでそのままとなりましたw

目安で……20分で解けたら24高段タブでしょうかw
(解けた二人を基準としています。)


↓↓あぶり出しで答えがでます。
▲3四桂△2一玉▲3五王△2三桂▲同飛成△同金
   ▲2二金△同金▲同桂成△同玉▲1四桂△1三玉
   ▲2四金△1二玉▲2三金△1一玉▲2二金まで






posted by reirou777 at 16:58| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする