2017年12月21日

個人的な相振りの感覚

どうもこんばんは

一か月早い冬将軍で恐ろしい積雪量ですねぇ
弘前よりも青森の方が大変なようで……
皆様、体調と怪我にはお気をつけくださいませ。

さて、先週の例会で来ている中学生の子に
「相振りを教えてください。」と言われましたが……
正直ウォーズの棋力見る限り自分より強いので
なんとも言えないのですがw

やはり振り飛車でも四間飛車を指していると、
相振りになったときに、困っている率が高い
イメージがありますねぇ。
自分は三間メインだったので、特に苦にはしていませんねぇ
多少指し方のイメージがある分、序盤は楽かなと思っている程度ですが。

個人的には、振り飛車対対抗系は「横の攻め」
相振り・相居飛車は「縦の攻め」になるので、
その感覚に戸惑っている方が多いのかなぁっと。
自分の周りでも振り飛車は指すけど相振りがわからないので
「対抗系」にしたほうが指しやすい。という方がいますね。
加えて、一人の方が言っていましたが、
対抗系は戦場と離れた場所の玉を囲うけど、
相振りは「攻めてくる場所に玉を囲うから危ない。」っと
なるほど確かに。
居飛車と違って、相振りって「意地の張り合い」に近いのかもしれませんねw

後は「端歩」問題が結構厄介というか
自分なりに決めておかないと、端歩の応対で時間を使う場合が
多いようですね。
自分としては数年前は、玉側の歩は
先手だったら突き返す。
後手なら突き越してもらう。
でしたが、最近は
「美濃囲いなら保留」
「金無双なら突き返す。」
ですね。
矢倉はあまり囲わないので、感覚を掴めていませんねぇ
ちょっと幅を広げるために向かい飛車もやろうと思っているので、
そこらへんは磨きたいなと。

やはり「美濃囲い」は端が弱いので
二歩持たれると、結構簡単に破られてしまいます。
なので、突き返さず、相手に突き越しの一手を指させて
こちらは何か反撃の手を指すイメージですね。
「金無双」の場合は端を受けておかないと
金無双の銀が壁銀の悪形を解消できなかったり
B面攻撃として先手であれば▲9七〜8六銀と
相手の飛車を圧迫する筋も消えるので、
金無双の場合は突き返しますね。

穴熊は……割と手数をかけても、それだけ
相手に崩す陣形を構築ちょっと難しいのかなと。
もっとも、自分も昔戸辺先生の「なんでも三間飛車」を
読んで、相振りでは穴熊をしていましたが、
大会で某氏にキレにくずされて以来
指す事は減りましたねぇ

今は戸辺先生の「石田流を指しこなす本 相振り編」
と長岡先生の「一目の石田流」だったかな
それを基本にしていますね。
黒沢先生のはまだ、読んだことがありませんが。

なので、自分から言える事はそれくらいしか
ありませんでした。
自分もまだまだですし。

でもなんだかんだでなんの将棋も
棋力が近ければ一局ですし、
終盤寄せ切った方が勝ちと思っているので、
楽しい勉強方法が一番ですね♪

さて、例会も23日(土)で年内は終了になります。
年始は1月6日から再開です♪

続きを読む
posted by reirou777 at 21:09| 青森 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする