2017年10月19日

流れ

こんにちはというには暗くなるのも早くなりましたねぇ。
夏では「まだ五時」と思っても
暗くなってくると冬場では「もう五時」
と思ってしまうあたり、気持ち的に損してる感がありますw

MLB、大リーグもいよいよリーグチャンピオンシップとなり
本日は田中投手が第一戦の雪辱を晴らす好投を見せてNYYから
見ての3勝2敗でWS進出王手!
ナ・リーグではドジャースの前田投手が10球で1イニング
圧倒的に抑え、次の回に味方が本塁打を打ち1点差に迫りましたが、
本日は惜しくも負けてしまいました。
それでもドジャースからみての3勝1敗と
ホームでの試合も残っているため有利ではありますね。
NYYはアウェーでの二連戦のため、ちょっとだけ不利ですが、
ホーム三連勝という勢いと打線復活の流れのまま、第六戦で
好投手バーランダーを打ち崩したいでしょうねぇ。

試合やゲームの中にある「流れ」と言うものは自分はあると思っています。
以前も書いたかもしれませんが、将棋にも流れはあると思っていましたが、
深浦九段は「無い」と仰っていました。ここらへんはプロ棋士の中でも
感覚が分かれているようですが、「流れ」と言うのが人為的ミスで起こるので
あれば、不屈の魂で指す深浦先制は「無い」と応えて当然かなと最近思えるようになりました。
そして、最近ネット将棋仲間で麻雀を打つのですが(俺は初心者です)
知り合いでも何人か打っている人がいるので、そこでも「流れ」がある。
と口々に言われていました。
しかし、最近例会に参加されている方が「麻雀に流れは無く、確率です。」
と力強く断言されました。
たしかに、牌の数が決まっている以上はポーカーと同じく、
「流れ」や「運」と言ったものよりは「確率」と割り切った
方が、親のいるゲームにおいては「無い」と言われても
ある程度納得できます。

プロ棋界を見ても、今は若手が奮起し40代のタイトルホルダーは
羽生先生と久保先生の二人のみ
最も個人的には「流れ」と言うより「周期」だと思っていますが、
ちょっと羽生先生の「流れ」を見ると竜王戦……苦しいかなと見ていますが、
そこは勝負の世界、蓋を開けてみるまでわかりませんし、
何より指盛りの渡辺竜王がどんな新手を見せてくれるのか、
羽生先生の魔術がどこで見れるのか!楽しみが尽きない対局では
ありますね♪

さて、皆様は「流れ」と言うものがあるのかないのか。
どちらでしょうか♪

もう1つ運の話もありますが、それはまたどこかで
勝手に語らせてもらいますw


posted by reirou777 at 17:31| 青森 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする