2017年09月14日

今年の将棋駒 其の二

こんばんは
個人的に一段落がついて久々にヒトカラいってきましたw
普段からも声を出していますが、
魂込めて歌うとまた気分も違います♪

さて昨日のA級順位戦で佐藤康光九段対久保利明王将との
対局で出ましたねぇ、菅井式三間飛車が
しかし、ここで気になる数字がありまして
6手目△3二飛の局面の前例が14局
▲7勝 △6勝(1千日手)
△4勝は菅井王位の勝ち星
先手の応手としては
@▲6八玉 8局
A▲2二角成 2局
B▲4八銀 2局
C▲6六歩 1局
D▲9六歩 1局

出始めの当初は▲2二角成の乱戦がどうなるかとみられていましたが、
丸山九段・渡辺竜王共に交換しなかったので、相手の研究手順にハマる事を
嫌ったのかと思いましたが、たしか今泉対竹内戦C2順位戦で
どちらがどうもったか忘れましたが、この一局で▲2二角成△同銀
の乱戦になりましたが、後手が負けとなった将棋でした。
しかし、羽生先生が2二角成を指した一局で菅井王位は△同飛ととり
以下馬を作らせるも、手独と手持ちの角を主張した見事な指し回しを見せてくれました。
羽生先生が指して勝つと流行り、負けると少なくなるという印象がありますが、
まさにそうなのかなぁっとw
3局目の対応も素晴らしかったですしねぇ

しかし、この戦法……やはり形と言うか、菅井王位の修練があって指せる作戦なのかなと思っていますが、それでも△2五桂からの仕掛けもありますし、まだまだ色々と変化を見せてくれるのではないかと思っています♪

さて 将棋駒其の二

書体 源平清安 ちょい太字
木地 中国黄楊 柾目(うっすら虎斑) L判(一回り大きめ)

大きさ的には前回の菱湖と同じ駒のサイズになります。
個人的には大きな駒の方が扱いやすいのですが、
(大きいと言っても各寸法0.1mm程)
通常のサイズ使ってこっちを使うとやはり
大きいなと感じますね♪
中国黄楊ですが、弘山先生のおっしゃるとおりに、
国産の黄楊とあまり差異はない気がしますが、
あまり個人的に使っていないため、後で感覚を
掴みたいと思います♪






170914源平01.jpg170914源平02.jpg170914源平03.jpg
posted by reirou777 at 19:51| 青森 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする