2017年07月06日

良き後継者

梅雨!ですね。
今日はそうでもありませんでしたが、
南の方では大変な事になっていますねぇ
これ以上の被害が出ないよう岩木山にお願いをしなければ。

先週日曜日 途絶えましたが
内容的には佐々木勇気五段の研究と
MYお盆・MYグラスと終始落ち着いていましたし、
やはり、対局室に2度訪れて万全に万全を重ねた
まさに、勝負師としての勝利だったと思います♪
その棋譜をまだ並べていないので、ハッキリしたことは言えないのですが……
でも終盤の△9七歩の勝負てと▲5八玉の応酬は
たった2手でしたが濃密な2手だったように思えます。

そして、本日は真夏の王位戦 羽生三冠対菅井七段
C級順位戦二回戦 中田功七段対藤井聡太四段

なかなか、菅井流△3二飛はマネはしたいと思いますが、
まず角交換と超急戦の筋をカバーしておかないと……指せないでしょうねぇ
あまり調べてはいませんが、自分が知っている棋譜が
対丸山九段と対渡辺竜王戦しかないので、
棋譜※にはちょっと変化が書いてあったので、それはまとめておかないと、
と思いつつも……w

C級順位戦の方も中田七段コーヤン先生が
細かな工夫をまたしてくれましたね♪
聡太四段もガップリ四つの将棋から辛抱の▲5八飛とは……いやはや
最後の終盤ではやはり、終盤力の差がでた感じでしたが、
途中までは五分でしたし、
最後のインタビューで
「中田先生とって三間飛車とは?」と聞かれ
「ソフトが穴熊に対して三間にしただけで評価値がマイナスになるんですけど、
 自分しかこの形を指さないので、それでも五分になる順がある事を証明したいんです。」

カッコイイです中田先生!!!
ちゃんと自分も並べて少しでも養分にしなければ!

そして、加藤九段が引退会見をなされましたね。
個人的には最高の謝辞だと思っています。
しっかりと棋士らしく主催者への感謝の気持ちと
将棋ファンと最後は奥様へと……いいお言葉でした!

その中で、記者からの何かの質問でのことで
「今の将棋界には羽生三冠や佐藤康光会長 森内永世名人
 渡辺永世竜王 佐藤天彦名人 そして、藤井聡太四段と
 これからの将棋界を担う良き後継者がいるので、安心して引退できます。」

いやぁ……いいですねぇ
3つの世紀生まれの棋士と戦い、全ての名人経験者どころか
ほとんどのタイトル経験者と指した加藤一二三九段しか
言えない文言です♪

これにはきっと、木村義雄十四世名人も
ちょっと意地悪してしまった大山康晴十五世名人も
良き後継者がいて安心でしょうね♪
もっとも、升田先生だけは
「ワシは、名人の上だからな!」
と大笑いしながら言ってはいそうですがwww

北海道の友達に頼んでいたディスクが届いたので
土曜の例会にでも、子供達に貸し出そうと思います♪
昨日役員会をやるさいに、改めて人数を数えてみましたが、
昨年からの新規となると15名。
うち週2以上を定期とするならば、
6名のお子さんが参加してくれております♪
しかも小3が1名小2が5名と
競う相手も増えてきたので、
楽しんでは欲しいですが、
漫然と対局だけではなく、ちょっとだけ
競うような企画でも立てれたらと思っています♪




posted by reirou777 at 23:20| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする