2017年06月22日

今日も

いやぁ 天気が良いですねぇ
気温も丁度良く棋譜並べしていると眠くなりますねw

しかし、寝るわけにはいきません。
昨夜の澤田六段対藤井聡太四段の一局。

子供教室の方に1人来てくれたので、
△6五歩と仕掛けたあたりまでしか見ていませんでしたが、
いやはや……どちらかといえば
受け将棋の澤田六段から仕掛けるとは……
普段、物静かな澤田六段であっても、
やはり燃えるものがあったのでしょうねぇ。
しかし、気負いか8筋の突き捨ての順を逸した隙を見て、
▲6三歩〜▲7三歩の連打は歩切れを恐れず
抑え込みに行くあたりが藤井四段の強さでしょうか。
その後、△3九銀〜△2九角の馬作りは見事だと思いましたが、
それを上回る▲5六銀〜▲5五角……いやはや
最後は69手目▲6四角の好手から寄せの組み立てが始まり
84手目△7四香の馬取りに構わず、一直線で寄せ斬った姿は、
瀬川五段との対局では見られなかった「らしさ」全開といったところでしょうか。

これでデビュー以来勝ちっぱなしで
最多連勝記録にならんだ28連勝

まさか朝から晩までニュースで取り上げられるとは……
まるで本で読んだMLB伝説の選手
56試合連続安打記録を持つジョー・ディマジオが
記録を伸ばしている時のファン同士の挨拶であった
「今日も彼はヒットを打ったのか?」
と同じように。

「今日も彼は勝つのかな?」

が例会や夜の集いでの挨拶になっていることに、
競技や時代が違えど、人の心を動かす存在の大きさに畏怖すら感じます。

次は6/26 月 に増田四段と竜王戦決勝トーナメントでの対局
増田四段もかなり熱いコメントをしていましたが……
ここまで来たなら……29という数字を見たくなってきます。

さて、彼は次も勝つのかな?


余談ですが
明日には東海テレビが製作したドキュメンタリー
「藤井聡太14才」が放送されますね♪
弘前で日を改めての放送があることを願いましょう♪



久々に昨夜の将棋の集いで現れた
実戦からの感想戦詰将棋(長い)
収束が二通りありますが
より美しい方を考えていただけたらと思います♪
13手詰です。
実戦から13手詰収束多数.png







posted by reirou777 at 16:40| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

青森将棋界のHPについて

昨日の津軽名人戦にご参加いただいが方々
どうもありがとうございました。

個人的には嬉しい結果等もありましたし、
特に問題が無くスムーズに行えたことに
感謝いたします♪

さてタイトルにあるように、
お世話になっております、「青森将棋界のHP」ですが
諸事象によりHP自体の更新が難しくなっているようです。
しかし、ご安心を!
青森将棋界の掲示板
青森将棋界のおまけ
は随時更新・情報発信されていますので、
青森棋界の情報については
こちらをご覧いただけたらと思います♪


さて……ニコ生さんの本気か?

【ニコ生(2017/06/26 10:00開始)】第30期竜王戦 挑戦者決定トーナメント 増田康宏四段 vs 藤井聡太四段 #shogi #将棋 #竜王戦 http://nico.ms/lv300563229?ref=sharetw

仮に……澤田六段に勝った場合
29連勝を掛けた一戦は増田先生との一局……
これは増田先生燃えるなぁ

しかも解説には谷川九段が初登場!
さらに聞き手は里美咲紀女流1級!
今から累計視聴者数がどうなるか怖いですねwww


posted by reirou777 at 19:19| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

わちゃわたやと

どうも 二週間ぶりという挨拶が固定されてきていますが、
意味にせわしなくしておりますw

HPのほうですが、ちょっと更新できなくなっておりますが、
数日中に諸所更新していきたいと思っています。

ちなみに前々回の参加者は25名
全開の例会参加者は28名と
お集まり頂いた方々に感謝申し上げます♪

さて今週日曜日に6月18日には
陸奥新報社6F会議室にて、津軽名人戦も行われますね♪
支部例会に参加して下されってるお子さんも
何名か参加するのでDクラスが賑わってくれたらありがたいです。

さて、名人戦と言えば今現在C級2組順位戦第一局
瀬川五段対藤井聡太四段の対局がニコ生とAbemaTV
で放送しております。
もちろん将棋連盟モバイルでもw

いやぁ……もう2週間前の話になりますが、
竜王戦6組優勝者決定戦でも近藤五段対藤井聡太四段の対局は、
連盟モバイルが「無料」中継していましたが、
久々にサーバーが落ちて、注目度が高いなとは思っていましたが……
次の澤田六段との対局では「有料」中継であってもサーバーダウン!!
内容も大熱戦からの終盤、藤井聡太四段の恐ろしい差し回しにより、
澤田先生が玉の逃げ方を1つ間違えての逆転劇……
しかし、その前の澤田先生の差し回しも素晴らしかったので、
名局賞入りはするでしょうねぇ。
個人的には、この素晴らしい将棋を見てしまうと、小さな言葉のニュアンスや
お知らせに対して、こまごまと文句を言わない方が
良いかなと思っています。

最近は多方面で「言ったもん勝ち」みたいな部分も見受けられますが、
ある程度の大らかさを持って生活していたほうが、良いのかなと
個人的には思っています。

YAMADA杯でも珍しく藤井四段が終盤ミスをして、阪口五段が最後に舞い込んだ勝利への一手を指していれば……という局面もありましたし。
「負けない棋士はいない」と言われていますが、
どこまで勝ち続けられるのか、そして「負けた」後に続く
長い棋士人生でどのような「夢」を見せてくれるのか
今よりも未来が楽しみです♪

余談ですが、NBAFINALは4-1でゴールデン・ステイト・ウォリアーズ
(以下GSW)が勝利しましたねぇ
クリーブランド・キャバリアーズ(以下CLE)も第三戦の語り継がれる
逆転負けから第四戦は見度後にカムバックして強さを見せつけましたが、
やはり、過去2シーズン同一カードでの内容を見てみると
「怪我」という二文字が大きく関係してきますねぇ。
最初のシーズンではCLEはアービングとラブを欠いて
2シーズン目はFINAL後半にGSWがスクリナーの選手が怪我
そして、今年はアービングが少し調子が悪かったようですが、
もっとも、今年はケビン・デュラントという稀代のスコアラーが
GSWに加入したため、
相当様変わりはしていましたが。
シーズン当初は成熟していたGSWのチームワークに溶け込めるのか
不安視され、序盤はかみ合わずKD自身も少しケガで離脱などしていましたが、
徐々にケミストリーが高め合い、FINALでは5試合すべて30点超と
完璧なプレイを見せ、「二番手の男」言われ続けた選手人生に
ようやく「1番」の栄誉を勝ち取る事ができました。
最後に選手のインタビューでD・グリーンが昨シーズンで、
自身の軽率なプレーを反省し大人になれた事を告げたり
カリーが「全く問題はなかった」と言い切り、
一番プレイスタイルの変更を余儀なくされながらも、
過去2シーズンとは別のスタイルで完璧にプレイし
レブロン・アービング・ラブのビッグ3を止めてみせた
クレイ・トンプソンの言葉
「適応する事は簡単だった。なぜなら後ろには最高の仲間がいたから。」

あなたが一番信頼されていましたよ!!!!!

さて将棋と全く関係なかったですがw個人的にはかなり盛り上がったので書いてしまいましたw

それでは来週……は何もなかったのでまた来週!w
posted by reirou777 at 11:02| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする