2017年02月23日

代表

また……降りましたね……w
今週25日の例会は稔町会館での開催です。
先程駐車場を見てきましたが、それほど積もっていなかったので
このまま降らずに少しでも溶けてくれる事を願いますw
ただ途中の道が少し荒れていたので、
お越しの際はお気を付け下さいませ。

先日、支部団体戦・支部個人戦・シニア名人戦とそれぞれ県予選がありました。
団体戦は惜しかったですが、話を聞くと相当善戦してくれたようで、
3名の方にはお礼申し上げます。
支部個人とシニアではそれぞれ、優勝していただいたようで、
あまり支部としてはお力になれてはいませんが、
全国大会では楽しんで将棋を指してきて下さればと思います♪

さて25日と言えばA級順位戦最終局
弘前市出身の行方八段の名人挑戦はありませんが、
来期に向けて順位を一つでも上げていただきたいですね。
名人戦2局は弘前でも対局があるとの事で注目されている方も
いると思うので少しだけ状況を説明いたしますと。

稲葉八段 7勝1敗
羽生三冠 6勝2敗
広瀬八段 6勝2敗

最終局で稲葉八段が勝ちますと地力で名人戦挑戦となります。
羽生三冠と広瀬八段は稲葉さんが負けて、自分が勝たなければプレーオフに臨めません。
ちなみに3者プレーオフとなった場合。
A級順位が下位の方からトーナメントとなりますので、
広瀬-稲葉
上記勝者と羽生三冠となりますね。

そして、さらに面白い事にこの3名の対戦相手が
それぞれ降級がかかっている方々との対局なのです。

稲葉八段 対 森内九段(3勝5敗)序列6位
羽生三冠 対 屋鋪九段(3勝5敗)序列5位
広瀬八段 対 康光九段(2勝6敗)序列4位

今期は事情により降級が1名なので、相星の場合序列順位が
下の方がB1に降級となります。

したがって、序列6位の森内九段は屋敷九段と
相星なため、A級残留には絶対に勝たなければなりません。
康光九段も2勝しかしていないため、ここは絶対に勝つことが
第一条件となり、屋鋪九段・森内九段の両名が負けなければ残留がありません。
屋敷九段が一番条件が緩く勝てば地力残留確定です。

おそらく……一番盛り上がるパターンとしては
※段位省略いたします。W=勝 L=負

稲葉L-森内W
羽生W-屋敷L
広瀬L-康光W

とこのように羽生世代ファンは盛り上がる展開でしょうか。
3者プレーオフの場合ですと、広瀬W-康光Lと逆になるため、
康光九段現会長が二回目のB1降級となってしまいますね。

巷では世代交代とささやかれていますが、
まさに今期A級順位戦最終局は、伝説の世代と新たな世代との
交代劇となるかもしれませんね。

ニコニコ生放送

アベマTVでも中継するようなので、

皆様ご注目下さい♪


posted by reirou777 at 15:32| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋、気になる局面。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする